ナマケロッ!

お気楽アラフォー主婦のはずが夫の病気により大黒柱に!それでもスイスイスーダラダッタな生活を綴っていきます

国民保険と国民年金の減免手続き前に知っておきたいこと!

f:id:namakero4:20170815142225p:plain

ナマケロです

夫が病気療養の為、3月に仕事を辞めて以来
毎月、区役所やら県税事務所やらに通っている
それは、いろいろな税金・年金・国保の減免をしてもらう為だ

いろいろしくみや届け出が違ったりし、
行ったはいいが、時期が違ったり、必要なものが足りなかったりで何度も出向く羽目になったので、誰かの参考になればと書いてみた

 

傷病手当を受給中は扶養にできない

まず、我が家は夫と私はそれぞれの勤めていた会社の厚生年金&保険に入っていた
(子供は夫の扶養)
夫が仕事を辞めることで、私の扶養にすんなり入れる。。。と思ってた
が、夫は『傷病手当金』をもらっている為、私の扶養には入れなかった
(もらっている金額によっては扶養にできる場合もある)
その為、傷病手当をもらっている間は、夫だけ別に『国民年金』と『国民健康保険』に
加入しなければならなかった

 

区役所で手続きをすると、後から納付書が送られてきた
が!前年度の収入で計算された保険料は、とても高いものだった!
傷病手当が入ってくるとはいえ、以前の給与と比べると少ない。。。

しかし、どちらも、手続きをすると減免してもらえる可能性がある!
そう、国保も年金も、手続きしたから必ず減免されるとは限らないのだ
どれぐらい減免されるかは、手続き後、手元に結果が届くまで分からない

そして面倒なのは、年金・国保、それぞれ手続きしないといけないんだよー

年金は1回の手続きでOK

年金の減免手続きは1年1度でOKなのでありがたい

(持っていくもの)
・年金手帳
・印鑑
・失業中の人は離職票や雇用保険受給資格証などが必要

減免は全額・3/4・1/2・1/4免除と4種類ある
書類を提出すると、審査があり、1,2か月後に結果がハガキで送られてくる
うちは『1/4免除』というハガキが届き、そのあと、納付書が送付された
何をどういう審査されたのかは分からないが、そのまま払うよりはありがたかった

国保は2か月おきに手続きが!

国民保険も年金と同じように区役所に行く
しかし、1回に手続きできるのは2ヵ月分のみ!
続けて減免してほしい場合は2か月おきに通わなければならないのだ
もうめんどくさいー

(持っていくもの)
・印鑑
保険加入者の通帳全て
・離職票など収入が減っている証明


年金とは違い、国保は持っている通帳を提示しなければならない!
これは、収入がないかを確認するだけかと思いきや、貯蓄額もチェックしているの
貯金が多い場合、減免はされないのだ!

通帳は、国保に加入している人のみ必要
つまり、うちの場合、子供は私の扶養になっているので、夫の通帳のみ持参
大きく金額が動いているものは職員に聞かれ説明をしなければならなかった

びっくりなのはね、国保に加入していない家族の通帳はノータッチって所
だから、もし、私にたくさんの貯金があろうが、加入者の貯蓄がなければ
減免されるということなのだ

でも、これおかしくない?

そんなこと知らないからさ、うちの場合、真逆で、夫の口座に貯蓄してたもん!!

夫の通帳には少ないながら入ってきた退職金やボーナスを貯めたもの、給与から自動に引き落としていた積立貯金がそのままになっていた

夫は今後働けるかどうか分からない
だから、そのまま、貯蓄用の口座として置いておいた
でも、これにより、減免額が大きく変わるということなのだ!!

もし、夫の通帳のお金を、私の通帳に移しておけば。。。
すごく減免されたってことだよね?

「お金があるなら減免できない!」ということなのだろうけどさ、
それなら、平等に、抜け道がないようなしくみにしてほしいわー

 

とにかく、待ち時間も入れると、1回1時間はかかる減免手続き
うちのように田舎の場合、「担当できるものが今は出ていて。。。」ということで
2時間待たされたこともあったので、忘れ物や不備がないように行きましょうね

以上ナマケロでした